株式投資研究所TOP中国株のリスク


中国ってどんな国?/中国株のリスク/中国株の取引所/中国株が買える証券会社

■中国株のリスク■

 例によって、株式の世界を楽しむためには、そのリスクを事前に知っておく必要があります。リスクという不確実性を理解し、コントロールしてこそ、大きなリターンが微笑んでくれます。まずは、リスクのお勉強をしましょう。


■値下がりリスク

 中国株だって、必ずしも右肩上がりで株価があがるわけではありません。日本株同様に株式の価格が下落することもあります。


■配当減少リスク

 配当が減少する可能性があるのは、日本株と同様です。


■倒産リスク

 いくら中国が高度経済成長下にあるとはいえ、企業が倒産する可能性はあります。これも日本株同様です。


■為替リスク

 中国株の価格は日本円ではありません。香港市場を例にとると、香港ドルで売買されています。香港ドルはアメリカドルに連動していますので、円高の時は日本円ベースでみれば安く購入でき、円安のときは高くなります。反対に売るときは、日本円ベースでみると円高の時は安く売ることになり、円安のときは高く売ることができます。


■情報が少ない・・・というリスク
 株式投資の成否に大きな影響を与える情報。さすがに、日本株のように情報があつまりません。最近は、中国株についてのホームページも多くなりましたが、情報の誤りなども多く、複数の情報ソースを見比べて判断する必要があります。有料の情報を購入するのも一考です。


■情報開示

 中国ではまだ、企業のディスクロージャーや法整備が徹底されていません。粉飾決算も多く、訴訟問題まで発展したこともあるそうです。しかし、最近は制度面の改善が進み、上海と深セン市場では、四半期ごとの決算報告が義務付けられるなど、ディスクロージャーは改善してきています。


■政治リスク

 中国は今でこそ、資本主義が導入されてきていますが、もともとは共産主義の社会主義国。政治的にそちらにブレた場合、株式自体がどうなるかわかりません。これは考え始めたら、キリのないリスクですが、近年の中国の状況をみるかぎり、事実上、共産主義化はないように思います。

 かの有名なウォーレンバフェット氏が、中国株の投資に乗り出しました。ペトロチャイナという企業の株を大量に買い込んだそうです。超一流といわれる投資家も中国株への投資を始めたことを考えれば、政治リスクの危険は低いと考えられていると思われます。



                         


中国ってどんな国?/中国株のリスク/中国株の取引所/中国株が買える証券会社

投資は自己責任でお願いいたします。
   Since 2004.1株式投資研究所 Copyright (C) 2004-2009 じもゆ All Rights Reserve
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO